マザー保育園の紹介

季節の飾りでお出迎え
感性を育む世界のおもちゃ
思い出に残るお誕生日会を
感性を育む良質な刺激
おままごとだって本気です
絵本は無限の世界
Show More

企業主導型保育ってなに?

01

企業主導型保育事業ってなに?

平成28年度から始まった新しい制度による保育事業です。一言で言えば「会社がつくる保育園」。従業員のお子さんをお預かりする事業所内保育施設の発展したもので、保育園周辺にお住まいの方々もご利用できます。

 

認可保育園や認定こども園などとは違い、認可外保育施設に位置付けられていますが、国から補助を受けて質の高い保育を提供しています。

02

認可保育所との違いは?

認可保育所に入園する場合には、お住いの市町村で保育の認定を受ける必要があります。また、保育料は前年度の世帯所得に応じて定められています。保育園の運営には、様々な基準が設けられていて国から運営費の補助が行われています。

 

企業主導型保育事業は認可外保育施設ですので、市町村での保育認定は必要なく、保育園に直接申込をします。保育料は、お子様の年齢に応じて各保育園が定めています。なお、認可外保育施設ではありますが、認可保育所に準じた運営基準が定められていて、質の高い保育を提供するために国から運営費の補助も行われています。

03

どんな人が利用できるの?

保護者がみなさん働いているお子さんがご利用できます。保護者が公務員の方など、子ども・子育て拠出金を負担している企業(一般的な企業)以外で雇用されている場合は、定員枠に制限があることがありますのでご注意ください。

 

入園対象年齢は0歳(2ヶ月)〜5歳です。

© 2020 Mother Hoikuen